2015年7月28日朝、アスンシオンの軍飛行場へ。

 

そこで早速問題発生!

 

チケット予約購入したときの仮領収書がチケット代わりになるらしくうっかり家に置いてきてしまった。

もう取りに戻る時間はない。

上官に確認するということで待つことに。

 

しばらくして後で仮領収書を事務所へ届け出るということでOKが出てホッとするも今度は荷物が10kgまでということで撮影機材分、10kgオーバー。

超過料金を100000Gsきっちり取られる(-_-;)

 

仕事とはいえ、航空運賃は自費という条件だったのでこれはきつい。

ちなみに航空運賃はAlto ParaguayのFerute Olimpoまで一人片道250000Gs(約6000円)

 

f:id:Mfotos:20150806045322j:plain

31年前のちょっと古い軍用機

パラシュート部隊用の映画でよく見る後方が大きく開いて飛び降りることができるタイプ。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20150806111108j:plain

私は扉が開く一番最後列に座り、重量バランスを取るため息子は前の方の席へ移動させられる。

果たしてちゃんと飛ぶのだろうか(笑) 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20150806045406j:plain

飛行場の事務所

いよいよ会社に残るみなさんの見送りを受けて離陸体制へ

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20150806045442j:plain

滑走路

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20150806045756j:plain

右手に見えるはSilvio Pettirossi空港

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20150806050507j:plain

無事飛び立ちました。

日本でも最近悲しい事故がありましたが、飛行機は離着陸の時が一番危ないのでそれさえクリアすればまずは安心。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20150806050527j:plain

空から見るパラグアイ川

川は生きていて時間と共にグネグネ変化していくのですね。

そんなためになる話を日本へ行った時電車の中の広告ディスプレイで見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.youtube.com

YOUTUBEでそのときの動画を発見!これはなかなかおもしろいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20150806050543j:plain

本当にグネグネ蛇行。空から見ると動画の解説通りでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20150806050557j:plain

川の周りは池ができたりして自然は刻々変化。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20150806050611j:plain

水のあるところは植物も豊かに育ち動物もたくさんの種類が棲息できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20150806050632j:plain

と、途中2カ所ほど着陸しましたが2時間40分程でフェルテオリンポに到着しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20150806123802j:plain

ここからさらに北上。

最終目的地はパラグアイ最北端の町 Puerto Bahia Negra

旅はまだまだ続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾン電子書籍よりパラグアイの写真集3種類×3カ国語

 

英語版

スペイン語版

日本語版

写真素材のピクスタ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村